冠婚葬祭のネックレス

普段はアクセサリーをつけない人でも、冠婚葬祭となれば、つける人も多いのではないでしょうか。
ここでは、「結婚式」と「お葬式」、それぞれのネックレスのマナーについて紹介します。
まず、結婚式の場合ですが、カジュアルすぎず、華やかすぎないものが良いでしょう。
カジュアルすぎるとちょっと浮いてしまいますし、基本的に新婦よりも華やかなのはNGです。
また、結婚式場の雰囲気や、結婚式やその日のスタイルに合ったものを選ぶように心がけると良いでしょう。
次に、お葬式の場合ですが、基本的に「黒」の「真珠」が良いといわれてます。
その訳は、真珠は「月の涙」「涙の象徴」といわれることが多いからです。
ちなみに、お葬式の場合には、つけても良いですし、もちろんつけなくても良いといわれています。
また、着物のときには、アクセサリーをつけないのが普通です。
最後に、どちらも一生に一度の大切な日です。
親族やまわりの人に、不快な思いをさせないような服装を心がけましょう。

Copyright冠婚葬祭 ネックレス All Rights Reserved.

冠婚葬祭 ネックレス