葬儀の場に適したネックレス

冠婚葬祭、とりわけ葬儀の場で着用するアクセサリーに頭を悩ませたことがある人も多いのではないでしょうか。
そもそも、故人を弔う葬儀の場で華々しいアクセサリーを身に付けるのは遺族に対して失礼な行為に当たります。
そのため、結婚指輪は例外として何も着用しないのが無難です。
しかし、一つだけ許されているアクセサリーがあるのをご存知でしょうか。
それは、真珠のネックレスです。
真珠は、涙に例えられて悲しみを表現する宝石として古くから認識されています。
そのため、哀悼の意を表現するアクセサリーとして真珠のネックレスの着用が許されているのです。
しかし、着用方法にはいくつかの注意点があります。
それは、二連や三連などの長いネックレスは用いないということです。
控えめな宝石であっても、重ねて用いることで相手に華美な印象を与えてしまうためです。
また、ピンクやイエローなどの派手な色の真珠も適さないとされています。
葬儀の際にはシンプルな白や落ち着いた黒やグレーが適しています。

Copyright冠婚葬祭 ネックレス All Rights Reserved.

冠婚葬祭 ネックレス